コクサイ『レミントンM700BDL』を群馬県高崎市より宅配買取にてお譲りいただきました

本日は1980年代にリリースされた、コクサイ・スーパーウェポンシリーズより、レミントンM700をご紹介します。80年代初頭、エアソフトガンの使用弾丸は6mmBB弾にほぼ統一されつつありました。それを受けたメーカー各社は、それぞれの個性を活かした差別化を図っていきます。例えばモデルガン系メーカーは外観をよりリアルに磨き上げたり、あるいは3000~5000円台が中心だったハンドガンを簡略化やキット化した廉価仕様をリリースしていきます。

 

モデルガンメーカーとして実績のあるコクサイは、モデルガンのブローバック機構とBB弾の発射機能を組み合わせた、「スーパーウェポン」を立ち上げます。火薬の力で金属カートを排莢すると同時にエアガンのピストンをコッキングし、BB弾発射を可能とするM16A1は、音、アクション、発射と全てのアクションを実現するモデルガンとエアソフトガンを融合させた、まさに理想のトイガンでした。まだガスガンのコンセプトすらない時代に、セミオートでの発射が可能だったのは驚異でした。ただしゲーム向きでもないため実際に作動しているところは見たことはありません。

 

そしてM16、M177の後にスーパーウェポン第3弾としてリリースされたのが、今回紹介するボルトアクションのレミントンM700BDLでした。M16と同様の火薬の力を利用してカートリッジをシリンダー内で移動させ、反動を生み出すというやはり実銃に寄せた機構でした。こちらもゲーム向きではない機構なため購入者以外がその作動状況を見る機会は少なかったですね。ただしモデルアップされていなかったM700というセレクトで、ディスプレイ用と割り切って購入する人が多かったようです。実際今回実物を見て、あらためてその外観の出来に感動します。ストックのプリント?もむしろデフォルメされた木「らしさ」を感じさせてくれます。あと、やはり重量はそこそこあるようで、反動が少なく感じるというのはこのせいかなとも感じました。

 


また、今回のセットにもありますが、純正スコープや本格的な革製スリングが発売されていたのも人気の秘密でしょう。当時はまだまだ本格的な倍率スコープは高く、LSからはむ無倍率のM16用スコープのプラモデルなんかも発売されていたくらいです。

 


実はスリングだけは私(Tg)も購入しており、スーパー9プロに着けております。(サイト内の画像にチラリと映っていますよ)

 

懐かしさと外観に加え、完動品であれば当時のトイガン技術者たちが叡智を絞った新たなメカニズムを実感できる「スーパーウェポン」システム。モデルガンからエアソフトガンへと移行する時期ならではのこだわりのアイデアと言えるでしょう。個人的にはほぼ同時期にマルシンがリリースしていたシューティングデバイスと並んで、機会あればぜひとも実際に触ってみたいメカニズムです。

 


 

くれいもでは古今東西各種メーカーのエアーソフトガン・モデルガンのお買取りをお待ちしてます! 

詳しくはエアコッキングガン買取ページや、モデルガンの買取ページをご参照ください。